ニキビケアには、いくつか効果的なハーブがあるといわれています。
ハトムギは、日本でもお茶や化粧品に広く使われていて親しまれているハーブです。
ヨクイニンという漢方薬にも使われていて薬効にも期待されています。
ハトムギには肌の新陳代謝を高めて老廃物を排出する作用や、抗炎症作用、抗アレルギー作用などがあるといわれていて、ニキビを防いできめ細かいお肌をつくるためのサポートをしてくれるそうです。
また、古くからヨーロッパで薬用として利用されているチェストツリーは、女性ホルモンのバランスを整えてPMSや生理前の肌荒れなどを抑える働きがあるといわれています。
生理前のニキビに影響するプロゲステロンというホルモンの分泌を調整する働きがあるため、ニキビケアに広く使われているそうです。
また、皮脂の分泌を増加させる男性ホルモンを抑制するといわれれているノコギリヤシもニキビケアに広く使われているハーブです。
最近ではニキビケアのためにサプリメントを使用する人が多く、これらのハーブが配合されたハーブはニキビに悩む人たちに人気があるようです。
ハーブは普通の生活では手に入れることは少ないでしょうが、購入して活用することで効果が期待できます。

ピーリング

 

背中ニキビで悩む男性必見→→→男の背中ニキビ

ニキビができてしまうのは、夜更かししてしまう生活習慣とか、脂質の多いお菓子類などを摂取していることが原因となります。ですが、私が学生の頃にニキビが多かったのは、恐らくこの要因ではなかったはずなのです。

私のニキビが多かったのは、おでこ周辺でした、眉から下にもいくつかありましたが数えるほどだったのです。そのこともあり、ニキビを隠す為に前髪は常に下げた状態でした。恐らくその事がニキビが何時までも治らなかったら原因だと思うのです。

おでこにニキビがある要因の多くは、前髪に付着しているバイ菌などが、おでこ周辺に何度もくっつくことにより、ニキビを悪化させていたのだと思うのです。汗をかいても前髪があるので通気性が悪い状態を続けていて、汗も汚れも髪のバイ菌もすべてがおでこに集中していたと思うのです。

おでこにニキビが沢山できたときには、洗顔をした後に前髪を上に上げる髪型に変えれば良くなったと思うのです。女生徒なら髪留めで止めてしまい、男生徒の場合は整髪料で後ろに流してしまえば、清潔な感じになります。

ニキビを全開にして多くの人に見せることになりますが、治る為に我慢して清潔な生活を続けた方が、よかったのではないか?と思います。

友人たちに気持ち悪いと思われたくない為に、隠したい気持ちが強いのは分かりますが。

背中のニキビにも悩んでいます→背中 ニキビ 皮脂

毎日同じ生活を送っていてもニキビが出来てしまうのは不思議です。

きちんと洗顔していてもできてしまうニキビは、結構敏感なのかもしれません。

大人になり、よく出来るようになってしまったニキビはあごに集中しています。

最近は、赤く大きく目立つように腫上がってしまうことが多く困っています。

ボディケア

きっと、ストレスが原因なのか食べ物が原因なのかわかりませんが、

考えてみると生理が近くなると肌荒れがひどくなり、

ニキビもできやすくなっているのかもしれません。

一回大きくなってしまったニキビは、

なかなか治ってはくれず洗顔するたびに手がニキビに

当たり痛い思いをし、それが原因でまた赤くなりを繰り返す感じになっています。

化粧のときもニキビの部分は極力つけないようにと思っていても、

ファンデーションが付いてしまいますから、悪循環になっているのだと思います。

若い頃に比べてにきびも治りにくくなっているように感じます。

若い頃であれば、ニキビも一晩薬を付けたら翌朝には気にならなくなっていたし、

生理のたびに肌荒れを起こすことも無かったのに不思議なものです。

年々、傷でも何でも治りが遅くなるという事は年をとってきているという証拠なのだと思うと、

悲しくなりますが・・・どちらにせよ、あごのにきびは目立つので本当に困っています。

a0790_001176

様々なニキビ予防の食品や成分がありますが、

ビタミンC誘導体がニキビ大きな効果があります

まずビタミンC単体についてですが、

ビタミンCは抗酸化作用が高く体のサビを食い止める働きがあります。

さらにメラニン生成の抑制もしてくれるため美白の効果も期待出来ます。

そしてコラーゲンの生成を高めてくれるので、シワやハリ、それにたるみも改善されます。

こんなに良い所だらけのビタミンCなのですが、実はビタミンCには

酸化しやすい・熱に弱い・水に流れ出してしまう・肌への吸収が悪いといった

多くの弱点があります。

しかも食事でしっかりと摂っていても身体の中に留めておくことができず

尿となって出てしまいます。

そんな優秀なのに弱点ばかりのビタミンCを

効率よく使おうと開発されたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体はビタミンCを安定させて皮膚細胞に吸収させ、

時間が経つと本来のビタミンCに変化し細胞に働きかけます。

そして高濃度のビタミンC誘導体は治りにくかった

ニキビの改善にとても効果的と言われています。

しっかりとビタミンCとビタミンC誘導体を摂取していくことで

ニキビができにくい肌を作っていくと同時にニキビができてしまっても

しっかりとケアをしてくことができます。

早く治したい背中ニキビには→背中ニキビ用ボディソープ

私の知り合いからニキビを改善するには

食事改善が効果が高いということを聞いて、

色々アレンジしながらメニューを考えているのです。

まずは基本となるサラダですが、サラダに関しては、

お店で売っている生で食べられる野菜を適当にカットして

ドレッシングをかけるだけなので、非常に簡単です。

最も気になるのは食事のメインです。

あまりに脂質の多いメニューにするとニキビに影響を与えるのですが、

肉類を使わない魚だけのメニューは、十代の子供にはかなり不評なのです。

食べやすくする為に白身魚フライなどにすると、

パン粉に油を吸ってしまうので、これまたニキビに良くないメニューに。

結局は細かいことを言っていると全て悪い食事になってしまうので、

食材をある程度選んだら、食べやすい食事に作っていく方が有効だと思うのです。

今回選んだのは鶏肉です。柔らかくて食べやすい鶏の胸肉を選んだのです。

a0006_002863

これを鶏ガラスープで煮込んで、

白ネギや人参、白菜などでお鍋のようにして食べるのです。

一般的には水炊きメニューとなるはずです。

鶏肉の量をあまり増やさずに、白菜を多めに食べる食事にします。

子供向けなら水餃子を浮かべたくなりますが、

脂質を減らす為には魚介の具材で作ったつみれが適していると思います。

初めてニキビができたのはまだ10代の頃です。
当時はおでこやほっぺた、背中などに多く出ていました。
どんな洗顔フォームを使ってもよくならない。
もしくは悪化する一方でした。
恋愛してもニキビだらけの顔では自信も持てず、告白なんて絶対にできません。
ものすごくネガティブな気持ちで毎日を過ごしていました。
そんな、ニキビが落ち着いてきたのは20代の頃です。
10代の頃は基礎化粧品などこだわったりしませんでしたし、買っても安い市販のものでした。

クマ

それが20代になって、初めて母親に連れられて化粧品のカウンセリングに行った時のことです。
化粧品ショップのお姉さんが、肌の水分量や皮脂量、どんなタイプのお肌なのかを丁寧にチェックしてくれました。
そこで判明したのが、皮脂は出ているのに肌の水分量がおばあちゃんなみにカラカラとのことでした。
水分量と皮脂量のバランスが悪いとニキビが出やすくなることを、お姉さんに聞いて初めて知りました。
そこできちんと基礎化粧品を使うと、年齢のせいもあるかと思いますがだんだんニキビがきれいに治ってきたのです。
もっと早くこのことを知っていればと思いました。
もちろん10代という年齢のせいもあるかと思いますが、もしかしたらそこまで悩む必要もなかったのかな?
と後々思いました。
もし自分に娘ができてニキビに悩む日がきたら、早めに基礎化粧品はきちんとしたものを使わせてあげたいと思いました。

クレンジングをジェルタイプからオイルタイプに
変えたらニキビが出来てしまいました。
ピーリング2
それまで使っていたジェルタイプのクレンジングは、
しっかりメイクは落とせるのですが
オイルタイプのように角栓が浮き出てくるわけでもなく、
「毛穴の詰まりが取れてる感」があまり感じられなかったのです。
そこで思い切ってオイルタイプに変えてみたのですが、
しっかり乳化出来ていなかったのか、毛穴が詰まって
赤味のあるニキビが顎に数個出来てしまうという…。

週末、よく化粧品を購入するブランドのコスメカウンターで、
ニキビが出来た経緯を話し、クレンジングについて相談してみました。
すると、オイルでニキビが出来るというのはよくある話なのだそうです。
オイルはどうしても、濯ぎが不十分だと毛穴にオイルが
残ってしまい、ニキビの原因になりやすいのだそう。
そのため、プロのメイクさんはジェルタイプやミルクタイプを
使う方が大半だとおっしゃっていました。
それに、オイルは顔に馴染ませるのに時間がかかる分、
肌を乾燥させやすく、負担もかかるせいで
どちらもニキビの原因になりますからねと、丁寧に教えて頂きました。

クレンジングをしたつもりが、
結果として毛穴を詰まらせるなんて本末転倒もいいところ。
ニキビを防ぐ為、クレンジングはジェルタイプを使いましょう!

オリンピックを見ていて思ったんですが、フィギュアの羽生選手はお肌がすべすべですね。
羨ましい限りです。
スノボのメダル獲った若者ふたりはニキビ肌でしたね。
これはこれで、青春真っ只中ってかんじがして微笑ましいです。
中高生って、そんなものですよね。
しかし、中高生は過ぎてニキビというよりは吹き出物と呼ぶ年齢に差し掛かりそうなのが、同じくフィギュアの町田選手。

顔の前面というよりは、あご側っていうんでしょうか、サンタクロースの髭が生えている部分が荒れてますね。
彼は読書が好きらしいし、頬杖ついて読んだりしているんでしょうか。
手や髪は雑菌が多いので、ニキビ部分には触れないほうがいいですよ。
あと、ついつい髪の毛で隠したくなりますが、思い切って顔を出したほうが早く治ります。
見せたくないというのは、私も経験上よく分かるんですけどね。

そして、スケートするときお化粧してますけど、ちゃんとクレンジングできているか、おばちゃんは気になります。
厚塗りもよくないし、落としきれないのも肌に負担ですからね。
芸能人も肌が荒れていると隠そうとして、厚塗りになって余計目立たせることになっている人いますよね。
ゆっくりする暇もなさそうですけど、肌を労わって早くよくなりますように、と願っておきます。

ここのニキビだけはしっかり洗ったほうが治りが早いと言われている場所があります。
どこだか想像できますか?

それは背中のニキビです!
ピーリング
肩や背中を出す季節になるとやっぱり気になってくるのが背中のニキビ。
自分ではチェックしにくいけど、キレイな背中でいたいと思いますよね。

でもこの背中ニキビの治し方は簡単です。

ただただ、しっかりと洗うだけ。
そしてすすぎを丁寧に。

それだけです。

ひと昔前、まだ家族でお風呂に入っていた頃は
背中のニキビに悩まされている人は少なかったそうです。

なぜならお互いに背中を流し合ってキレイにしていたから。
自分の背中は洗いづらいけど、他の人の背中は洗いやすいですよね。
余分な角質、汗や油のよごれをお互いにキレイにしあって
背中もピカピカだったそうですよ。

とは言え、今は一人でお風呂に入る時代。
一人では洗いづらいけど、
しっかり洗ってすすぎを丁寧にやるだけでも格段に違ってきます。

もちろん普段使いのせっけんやボディシャンプーで洗うのもいいですが、
余分な角質を落とす効果のあるものを使うとさらに効果的。

洗うときにはなるべく天然素材のものを使って優しく丁寧に洗いましょう。

さらに収れん効果のある化粧水をパッティングするともっと効果的です。
一人でもパッティングが楽なパッティングスティックや、
スプレータイプのものを使うといいですね。

背中のニキビが一日もはやく改善されますように!

自分のニキビの出来るパターンがだいたい分かってきました。
お酒を飲みすぎている時期や、交際相手とうまくいっていないとき、
その他人間関係に大きなストレスを抱えているときによくできます。

メイン6-27

番ニキビがよくできるのは、チョコレートを食べ過ぎている時期です。
チョコレートばかり毎日食べていたら、ニキビが大量にできました。
他のお菓子ではニキビはできませんでした。

チョコレートや、人間関係のストレスを抱えているとき限定のようです。
これは、友人もそういうことがある経緯を見てきているので
これらは、ニキビの大敵の環境なのだと思います。

そこで、まずチョコレートの頻度を減らしました。
私はチョコレート中毒みたいな感じで、大量に食べてしまうので、
ニキビを減らすためと自分に念じながら、自分を励ましながら
がんばってチョコレート消費量を減らしてきました。

次に、彼氏との関係の改善を目指しました。
それでもダメなら、別れるならさっさと別れて余計なストレスを
ためないためです。

一番、効いたのはチョコレートをやめたことです。
もう一つ、気をつけたことは、運動を始めました。
有酸素運動を取り入れ、規則正しい生活をし、チョコレートの大量食いの一切
をやめたら、一気にニキビが無くなりました。

ニキビの市販薬を塗って、治るどころかひどくなった経験もあります。
顔どうしたの?と言われるほどになりました。

やはりニキビは生活習慣や、ストレス、皮脂過剰が原因だと思うので、生活
習慣が一番だと実感しました。