初めてニキビができたのはまだ10代の頃です。
当時はおでこやほっぺた、背中などに多く出ていました。
どんな洗顔フォームを使ってもよくならない。
もしくは悪化する一方でした。
恋愛してもニキビだらけの顔では自信も持てず、告白なんて絶対にできません。
ものすごくネガティブな気持ちで毎日を過ごしていました。
そんな、ニキビが落ち着いてきたのは20代の頃です。
10代の頃は基礎化粧品などこだわったりしませんでしたし、買っても安い市販のものでした。

クマ

それが20代になって、初めて母親に連れられて化粧品のカウンセリングに行った時のことです。
化粧品ショップのお姉さんが、肌の水分量や皮脂量、どんなタイプのお肌なのかを丁寧にチェックしてくれました。
そこで判明したのが、皮脂は出ているのに肌の水分量がおばあちゃんなみにカラカラとのことでした。
水分量と皮脂量のバランスが悪いとニキビが出やすくなることを、お姉さんに聞いて初めて知りました。
そこできちんと基礎化粧品を使うと、年齢のせいもあるかと思いますがだんだんニキビがきれいに治ってきたのです。
もっと早くこのことを知っていればと思いました。
もちろん10代という年齢のせいもあるかと思いますが、もしかしたらそこまで悩む必要もなかったのかな?
と後々思いました。
もし自分に娘ができてニキビに悩む日がきたら、早めに基礎化粧品はきちんとしたものを使わせてあげたいと思いました。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする