引越し時には、新居に移動する物に気を取られてしまいますが、引越し前の住宅が賃貸アパートなどの場合には綺麗に掃除することも考慮する必要があります。

壁に付いている画びょうやピンなどを綺麗に取り除く事や、破損してる部分は簡単に補修する必要があります。落とした補修剤を使う事で、キズが目だと無くなってしまう事や遠目で見ると全く分からない可能性もあります。

敷金をできるだけを取り戻すためにも、引越し作業の段階で壁に傷をつけないように細心の注意を払うことが重要になります。

そして、引越しの作業を終えた後に掃除をする必要がありますが、自分で引越しの段取りをする場合には、トラックに荷物を全て積みこんだ後に掃除を全て終わらせてしまう考え方が有効です。

何度も、以外に済んでいたアパートに戻ったりする手間を省くためにも、このような作業の段取りを事前にチェックしておくようにします。

不動産屋にカギを渡す時期や、敷金の話をする日程を予め決めておくことが重要です。より多くの敷金を取り戻すためには、自分でできる範囲の掃除を全て終わらせることが重要です。

フローリングの部屋の場合には、畳の張り替えの費用がかからないので敷金が多く戻ってくる可能性があります。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする