数回ですが、引っ越しをしたことがあります。短距離の引っ越し、長距離の引っ越し両方しました。引っ越しは大変な準備と物の多さに苦労します。引っ越してきたときはこんなに荷物があったかと思うほど荷物が増えている事に気づきます。奥から奥からいろいろなものが次から次へと品物が出現してきます。無くなったと思っていたものが、考えられないようなところから出てきたリ、捨ててしまったと思っていたものが隅の方から出てきたリして、感動と驚きの連続です。ここで荷物を梱包するときによく考えてみてください。この今ある荷物はすべて必要かという事です。すべて次の場所に持って行かなくても生活できます。三分の二から半分で足りるかもしれません。要らないと思われるものは捨ててしまうチャンスです。ゴミは出ますが、品物が減り配送料は少なくて済み次のところでの片付けも早く終わらすことができます。洋服や食器類に関してはかなり捨てられるものが多いです。捨てなくてもリサイクルショップにて処分という考えもできます。少ないですが、お金になることもあります。私も必要のないものをかなり引っ越しの時に捨てました。気分的にも大掃除でも捨てる気持ちが沸かなかったのに、引っ越しの時は思い切って気持ちよく捨てられるものです。心機一転と考えて新しい生活を始めると考えて、使わないで要らないと思われるものは思い切って捨てる。これができるのが引っ越しです。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする