» 2018 » 2月のブログ記事

新宿区内 引越し 料金を安くする方法

私はマンションに住んでおります。3月など定期的に引越しをされる方がおられ、ある時期になると引越し業者さんがマンション近くにトラックを停めて、作業をしている姿をよく目にします。そしていつも感心するのは、その引越し作業の手際の良さです。つまり、まずマンションに設置してあるエレベーターなどに傷がはいらないよう防護用のカバーを貼り付けたりします。そして、そのカバーをすることで荷物が仮にぶつかってもマンションには傷がはいらないようにしているのです。もちろん、引越し業者さんとしては当たり前の行為なのかもしれませんが、そこまで気を回して作業している点にいつも感心させられます。また、通りすがりの引越し業者さんが、引越しとは関係ないマンションの住人に、ご迷惑をお掛けしておりますと挨拶している点も感心させられます。同じマンションの住人の間でもあまり挨拶しないことが多いにもかかわらず、引越し業者の方はご丁寧に挨拶してくれるのです。この点も会社での教育が行き届いているのだと思います。そして、引越し作業が終わったあと、手際よく撤収すべく、後片付けがとても早い点についてはいつも驚かされます。
つまり、すべての業務が手際よく行われているのです。仕事をお願いする立場からするとこれほど頼もしい方たちはいません。さすがだといつも感心させられております。

結婚して子供出産した後荷物がかなり増え、このままではダメだという事で場所的にはそんなに変わらない所へ引っ越しをする事にしました。
場所が近い事もあり、業者を使うのは勿体無いなと思い自分たちだけでする事にしました。
子供は実家に預け、荷物の運び出しを自分たちと義理の両親にお願いをしたのですが、問題がおきました。
電化製品も運び出すという事で、旦那とお義父さんがかなりの神経質になりました。
そこへお義母さんの何気ない一言が、お義父さんに火をつけてしまい大激怒してしまいました。嫁の私にはどうしてよいか分からず呆然としてしまいました。
お義父さんは私からしたらかなり優しい方で怒ってるところを見た事が無かったので驚きました。もう何も口出ししてはいけないなと感じる程でした。そんな事になるなら業者に頼めば良かったのかなと思いました。
そんなこんなで何とか運び出しが終わり次は引っ越し先への搬入です。ここでも問題が起きました。それがアパートの階数です。
多少高くなってしまったので階段を上らなければいけなかったのです。そこでもいちいちアドバイスをしたがるお義母さんでした。
私はもうあんな場面に遭遇したくなかったので家の中を片付ける事に専念しました。
手伝ってもらえたのはすごく助かりましたが、喧嘩はしないで欲しかったなと思います。子供が見てなくて本当に良かったです。